女性クラスター
女性市場トレンドと消費傾向

グローバルで加速する「クリーン・ビューティ」

「SDGs」や「エシカル消費」が浸透しつつある中、美容業界では「クリーン・ビューティ」トレンドがこの一年で世界的に加速した。クリーン・ビューティには、今のところは明確な定義はないがおよそ次のような概念。

  • 体、環境に対して有害な物質を含んでいないこと
  • 天然成分であっても合成成分であっても、自分自身に対して刺激がゼロであること
  • 製造に透明性があること
    など

最近の消費者は知識や情報が豊富。コスメ・スキンケア選びでは単純に「自分に合う」「効果効能がある」「コスパが良い」などの理由だけでなく、前述の項目も積極的にチェックをする。

合わせて読みたい記事

そんな消費者たちのマインド変化を受け、美容業界では「クリーン・ビューティ」を消費者への新たな訴求コンセプトに掲げる流れが起きている。例えば資生堂は今年10月、クリーンスキンケアブランドとして知られる米国の「Drunk Elephant(ドランクエレファント)」を買収している。花王は、クリーン・ビューティの考えをもとにした新スキンケアブランド「athletia(アスレティア)」を来年2月から発売する。

クリーン・ビューティは幅広い年代で広がり始めている美容トレンドだが、「サステイナビリティ」や「ナチュラルビューティ」に対する興味関心が高い、特にミレニアル世代やジェネレーションZ世代に支持されている傾向がある。

 

【編集部おすすめ記事】
オーガニックコスメを選びやすく 売り場の新基準が登場
ミレニアル世代の特徴・価値観・消費行動とマーケティングのポイント
女性の美容悩み、年代別(20〜80代)
「美容を意識するきっかけ」10〜70代 年代別に明確な違い

新着ニュース