コンビニで 「セルフメディケーション」 ファミリーマート×コクミンドラッグ

ドラッグストアのコクミンドラッグとファミリーマートが、一体型店舗の「ファミリーマート+コクミンドラッグ大阪駅前第1ビル店」を今月29日、大阪市北区大阪駅前第1ビル地下2階オープンした。両社による一体型店舗はこれで2店舗目となり、関西では初出店となる。1店舗目は東京・江戸川で2014年に出店している。

同店では両社の強みを活かし、コンビニエンスストアが得意とする商品力とサービスに加え、ドラッグストアが得意とする医薬品、健康食品、化粧品、日用品を揃える他、薬剤師・登録販売者を交代で常駐させることで一般用医薬品(要指導薬含む)を販売し、客のセルフメディケーション向上に貢献する。両社はこの店舗を通して、客の生活を支援する社会・生活インフラとしての小売業態「ライフソリューションストア」の実現を目指す。

【編集部おすすめ記事】

ドラッグストア 電子タグ装着で店舗のスマート化 2025年までに
ココカラファインの恒例人気イベント 5回目の開催
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ