「店内禁煙 地方を巻き込むな!」焼き鳥屋店主のブログが話題

2019年のラグビーワールドカップ・2020年の東京五輪に向けて「飲食店内原則的に禁煙」の健康増進法改正案が報じられ、人々の声は賛否両論だが、ある地方の焼き鳥屋店主のブログが話題になっている。

「地方の焼き鳥店店主だけど屋内禁煙なんて東京だけでやれって言いたい 」というタイトルで以下のようなことが綴られている。言葉は汚いがこれが、地方の店の本当の声ではないだろうか。

なんで東京でやるオリンピックのために地方も屋内禁煙に巻き込まれなきゃならんわけ?頭おかしいだろ役人ども。客の6割~7割を喫煙者が占めるんだからうちの店は大打撃っすよ、絶対近くの喫煙室設置するだろう大型飲食店に客が流れるよ…ただでさえチェーン店出店と消費税増税やらで経営が苦しいのに…廃業か!?10万人の地方都市には東京五輪の利益なんて何もないよ、東京から800kmは離れているよ?近くに空港もないから外国人観光客もいないよ?お役人は所詮我々庶民のことなんてわからない。(引用:はてなブログ

<関連情報>
喫煙と健康問題について簡単に理解しようQ&A(厚生労働省)

<編集部おすすめ記事>
行動変容を促進できる、これぞ真の啓発系CM~禁煙編~
全ての電子タバコは有害な化学物質含む、米研究結果
化粧品市場規模2兆円から考える、女性の心を掴むコスメ戦略

女性生活者の調査レポート