全ての電子タバコは有害な化学物質含む、米研究結果

2016年6月、喫煙による死者が毎年推定10万人とされるイギリスで、たばこ会社に対して厳しい法案が可決された。先進国を中心にタバコに対して年々厳しい目が向けられるようになっている。そんな中、タバコをやめられない人たちに「安全です」と謳う電子タバコに関して「すべての電子タバコには有害な化学物質を含んでいる」という研究結果が米ローレンス・バークレー国立研究所から発表された。

関連記事
■タバコ吸ってると低学歴に見られる?学歴と喫煙率の興味深い関係
■世界で最も女性の喫煙率が高い地域は?世界禁煙デー5/31~6/6まで
■15年前と比較して女性の喫煙率が最も減った年代は?
■【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ
■【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ

一緒に読まれている記事