ママの共感得るのは、産後の変化を受容するポジティブワード

(記事公開2016年8月,最終更新2017年6月)
女性誌、テレビ、情報サイト、ヨガ教室、スポーツDVD…あらゆるところで「産後の体型戻し」を提案するが、その提案は、実は産後ママにとって大きなストレスとプレッシャーになっている。以下一文を読んで「確かに」と思う人は多いのではないだろうか。

一部メディアは、産後数週間で体型を元に戻した女優を「素晴らしい」と誉め称え、できない人をおもしろおかしく取りあげる。(引用:ハフィントンポスト)

産後の体型戻しやダイエットに成功したモデルや女優などの有名人が雑誌やテレビで次々に賞賛されていることで、「産後は元の体型に戻すことが女性の正解」「産後に元の体型に戻せなければ美しさや女性としての価値は失われる」と女性に思わせてしまうような空気が醸成されてしまってはいないだろうか?実際に多くの女性が、産後の急激な体型の変化を怖いと言う。このような状況では、女性は子供を産むことへの心理的抵抗を大きくし、更には産後・育児期の気持ちを「ブルーなもの」にしてしまうだろう。

企業は「産後に体型を戻す」ことばかりを提案するのではなく、ママの本当の気持ちに寄り添うことも大切だ。海外の12人のセレブママは、他のママたちに産後の体型変化についてポジティブに優しく、そして心強いメッセージを送っている。このようなメッセージこそ多くのママの共感を得るのではないだろうか。⇒記事「「産後の体、そのままで素敵です」12人のママセレブがメッセージ」(ハフィントンポスト)

【編集部おすすめ記事】
ママ、自分磨きの消費行動再開はいつ?
移り気な女性が、他社の製品へ切り替えるのを「とめる」方法
2カ月先まで予約できない!女性に大人気の美容室「モテ髪師」の差別化戦略
300円ショップの3COINS、コスメの発売開始!早くもインスタで話題
「飾らない姿」こそ共感を得る?爆笑の嵐でママに大人気の書籍が発売

一緒に読まれている記事