【最新】日本人の死因ランキング、男女別・年齢別(2024年公表)

厚生労働省は今月、2023年の人口動態統計を公表した。人口動態統計は、出生・死亡・死産・婚姻・離婚の実態を把握することを目的にした基幹統計で、0〜100歳以上までの年齢階級別・男女別の死因順位もまとめている(本頁はヘルスケアビジネスにおける基本情報として、マイページ保存がおすすめ。会員登録無しですぐにお使いいただけます)

日本の3大死因

2023年の男女合わせた死亡数は157万5936人で、前年の156万9050人より6,886人増加した。3年連続で増え、過去最多に。以下グラフは男女を合わせた死因の構成割合で、日本の3大死因は「1位:悪性新生物」「2位:心疾患」「3位:老衰」となる。

日本人の3大死因(2024年公表)

【出典】厚労省「令和5年 人口動態統計月報年計の概況」主な死因の割合

 

  • 1位:悪性新生物(24.3%)
  • 2位:心疾患(14.7%)
  • 3位:老衰(12.1%)
  • 4位:脳血管疾患(6.6%)
  • 5位:肺炎(4.8%)
  • 6位:誤嚥性肺炎(3.8%)
  • 7位:不慮の事故(2.8%)
  • 8位:新型コロナウイルス感染症(2.4%)
  • 8位:腎不全(1.9%)
  • 9位:アルツハイマー病(1.6%)
  • その他(25.0%)

 

 

男女別の死因ランキング

2023年の死亡数は男女間で大差はなく、女性77万3446人、男性80万2490人。死因で有意差が見られるのは「悪性新生物」で、男性は女性より約6万人多い。一方で「老衰」は圧倒的に女性に多く、男性の2.5倍以上で約8万人ほどの開きがある。

女性(0〜100歳以上)

◆女性全体、死因ランキングTOP5

  • 1位:悪性新生物(161,134人)
  • 2位:老衰(136,653人)
  • 3位:心疾患(117,985人)
  • 4位:脳血管疾患(52,843人)
  • 5位:肺炎(32,198人)

◆女性の年齢階級別、死因ランキングTOP5

【出典】厚労省「令和5年 人口動態統計月報年計の概況」女性の年齢階級別の死因順位よりウーマンズラボ作成

 

女性の健康問題もチェック!

 

男性(0〜100歳以上)

◆男性全体、死因ランキングTOP5

  • 1位:悪性新生物(221,358人)
  • 2位:心疾患(113,071人)
  • 3位:老衰(53,259人)
  • 4位:脳血管疾患(51,675人)
  • 5位:肺炎(43,551人)

◆男性の年齢階級別、死因ランキングTOP5

 【出典】厚労省「令和5年 人口動態統計月報年計の概況」男性の年齢階級別の死因順位よりウーマンズラボ作成

 

 

死因別の死亡率の年次推移

男女合わせた死因別の死亡率の年次推移をみると、「悪性新生物」は一貫して上昇。1981年以降、死因順位第1位で、2023年の全死亡者に占める割合は24.3%。「心疾患」は1985年に脳血管疾患にかわり第2位となり、2023年の全死亡者に占める割合は 14.7%。「老衰」は1947年をピークに低下傾向が続いたが、2001年以降上昇しており、2018年に「脳血管疾患」にかわり第3位となり、2023年の全死亡者に占める割合は 12.1%。「脳血管疾患」は、1970年をピークに低下傾向が続き、2023年の全死亡者に占める割合は6.6%となった。

日本人の3大死因(2024年公表)

【出典】厚労省「令和5年 人口動態統計月報年計の概況」主な死因別にみた死亡率(人口10万対)の年次推移

 

 

 

【ご案内】女性ヘルスケア市場専門のシンクタンク

弊社ウーマンズは「女性ヘルスケア市場専門のシンクタンク」として、女性ヘルスケア事業の成長・変革を推進するマーケット情報を収集・分析・整理し、最新知見を企業様にご提供しております。女性ヘルスケア市場に特化してマーケティング支援を行ってきた「豊富な実績」「15年にわたり継続的に行っている調査分析により蓄積した知見やノウハウ」「業界ネットワーク」を活かし、女性ヘルスケア事業を行う産学官の「どうすれば製品・サービスを広く社会に流通させられるか?」の課題解決に取り組んでおります。事業内容は「コンサルティング事業/ビジネスメディア事業/MICE事業/BtoB広告事業」。女性ヘルスケア事業でお困りの際は、お気軽にご相談・お声がけください。最新の女性の健康ニーズ、消費動向、ヘルスケア業界最新動向などはニュースレターで配信中

弊社は「女性ヘルスケア」に特化して、ビジネスカンファレンスの企画・開催、BtoB展示会の企画・開催、BtoCイベントの企画・開催、レポート発行などを行っています。

 

 

PAGE TOP
×