【最新】日本人の死因ランキング、男女別・年齢別(2023年公表)

厚生労働省は今月2日、2022年の人口動態統計を公表した。人口動態統計は、出生・死亡・死産・婚姻・離婚の実態を把握することを目的にした基幹統計で、0〜100歳以上までの年齢階級別・男女別の死因順位もまとめている。

日本の3大死因

2022年の男女合わせた死亡数は156万8961人で、前年の143万9856人より12万9105人増加した。2年連続で増え、過去最多に。新型コロナウイルス感染症による死亡数は4万7635人。以下の円グラフは男女を合わせた死因の構成割合で、日本の3大死因は「1位:悪性新生物」「2位:心疾患」「3位:老衰」となる。

【出典】厚労省「令和4年 人口動態統計月報年計の概況」

  • 1位:悪性新生物(24.6%)
  • 2位:心疾患(14.8%)
  • 3位:老衰(11.4%)
  • 4位:脳血管疾患(6.8%)
  • 5位:肺炎(4.7%)
  • 6位:誤嚥性肺炎(3.6%)
  • 7位:不慮の事故(2.8%)
  • 8位:腎不全(2.0%)
  • 9位:アルツハイマー病(1.6%)
  • 9位:血管性及び詳細不明の認知症(1.6%)
  • その他(26.1%)

 

男女別の死因ランキング

2022年の死亡数は男女間で大差はなく、女性76万9628人、男性79万9333人。死因で有意差が見られるのは「悪性新生物」で、男性は女性より約6万人多い。一方で「老衰」は圧倒的に女性に多く、男性の2.5倍以上で約8万人ほどの開きがある。

女性(0〜100歳以上)

◆女性全体、死因ランキングTOP5

  • 1位:悪性新生物(162,502人)
  • 2位:老衰(129,561人)
  • 3位:心疾患(119,931人)
  • 4位:脳血管疾患(54,292人)
  • 5位:肺炎(31,155人)

◆年齢階級別、死因ランキングTOP5

 

男性(0〜100歳以上)

◆男性全体、死因ランキングTOP10

  • 1位:悪性新生物(223,285人)
  • 2位:心疾患(112,948人)
  • 3位:脳血管疾患(53,181人)
  • 4位:老衰(49,963人)
  • 5位:肺炎(42,847人)

◆年齢階級別、死因ランキングTOP5

 

死因別の死亡率の年次推移

死因別の死亡率の年次推移をみると、「悪性新生物」は一貫して上昇。1981年以降、死因順位第1位で、2022年の全死亡者に占める割合は24.6%。「心疾患」は1985年に脳血管疾患にかわり第2位となり、2022年の全死亡者に占める割合は 14.8%。「老衰」は1947年をピークに低下傾向が続いたが、2001年以降上昇しており、2018年に「脳血管疾患」にかわり第3位となり、2022年の全死亡者に占める割合は 11.4%。「脳血管疾患」は、1970年をピークに低下傾向が続き、2022年の全死亡者に占める割合は6.8%となった。

 

 

【編集部おすすめ記事】
出展社募集!女性特有/男性特有の健康課題を解決するビジネスが集結するEXPO(2024年2月開催)
【レポート】女性ヘルスケア白書2023年度 市場動向予測
女性ヘルスケアマーケティングの設計に役立つ、白書一覧(2023年版)
がんの罹患リスク、罹患数、死亡数、将来推計など(2023年版)
予防医療のモチベーションは何?健康行動が起きる17のキーワード
何歳以上が「おばさん」?ペルソナ設計で失敗しないために知っておくべき日本人の年齢意識

PAGE TOP
×