何度も読みたい広告コピー

2011年と少々古い書籍だが、Amazonだけでなく、今もなお書店で販売されている良書。どんなに商品やサービスが良くても、その魅力やコンセプト、売りを言語化できなければ、なかなか女性消費者には振り向いてもらえない。広告コピー、キャッチフレーズ、プレゼン資料のキメの一言、サイト内での表現方法に悩んだときに参考になる。Amazonレビューには「広告をビジュアル込みで、多数掲載している“広告カタログ”的な内容」とあるように、言葉と背景(画)がセットで掲載されており、一つ一つ、広告をじっくり学ぶことができる。

何度も読みたい広告コピー

女性生活者の調査レポート