在宅医療普及がなぜ求められるのか?今後必要なことは?

2025年には全人口の18%が後期高齢者(75歳以上)となり、医療制度の存続が更に困難な状況になる。現時点で75歳以上の人、一人を支えている15~74歳の人口が5.7人だが、2025年になると3.9人の計算になる。しかも3.9人のうち0.7人は65~74歳だ。支援や介護を必要とする高齢者は増加する一方、それを支える若年層は減少の一途をたどる。

その課題を受け、国は医療・介護分野において病院のみで対応するのではなく、地域を主体とした地域包括ケアシステムの構築を早急に進めている。

関連記事
■【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ
■【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ

一緒に読まれている記事