【2023年2月開催決定!】ジェンダード・イノベーションEXPO  性差発想の女性ヘルスケア市場拡大を目指して(健康博覧会×ウーマンズ)

健康業界のBtoB展示会として国内最大規模を誇る健康博覧会(インフォーママーケッツジャパン株式会社主催)と、女性ヘルスケア市場を専門に企業支援を行うウーマンズは、2023年2月8日(水)~10日(金)に東京ビッグサイトで開催される展示会「健康博覧会」にて、性差発想の女性ヘルスケア/フェムテックに取り組む国内企業が一同に集結するBtoB展示会「ジェンダード・イノベーションEXPO ~性差発想の女性ヘルスケア市場拡大を目指して~」を開催します。

’22年開催の、両社初のタイアップ企画「フェムテックゾーン」は、予想を超える出展企業様にお集まりいただき、また会期前よりすでに業界内で高い関心を集め好評だったことから、第2回目のタイアップが決定しました。

【ジェンダード・イノベーションEXPO】性差発想の女性ヘルスケア市場拡大を目指して

ゾーンネーミング

ジェンダードイノベーションEXPO
性差発想の女性ヘルスケア市場拡大を目指して

コンセプト

性差分析に基づいた女性ヘルスケアソリューションと出会える、最先端の女性ヘルスケアビジネス創出イベント

コンセプト策定の背景

生理の貧困問題やフェムテックブームを契機に、2021年はこれまでにないほどに女性の健康問題に社会的関心が高まりました。特に生理・PMS・妊娠・更年期・セクシャルウェルネス・性教育といった性・生殖領域、いわゆるSRHR(※1)の領域で顕著で、これまで長い間、男性主体で進化してきた医療・ヘルスケア業界でようやく性差視点への関心が高まり、女性に主眼をおいたソリューションの開発が相次ぎました。

2021年のフェムテック一大ブームは、女性ヘルスケア・女性医療を大きく前進させるための重要なトリガーとなり、市場の本格的な始動・拡大の幕開けだったと言えます。そんな時代の変革期を捉え2022年の健康博覧会では、女性ヘルスケア市場分析を専門に行う当社ウーマンズとのコラボレーションにより「特設フェムテックゾーン」を開催。当初の想定を大幅に上回る200製品(54社)の出展は、会期前よりすでに業界内で高い関心を集め、女性ヘルスケア市場の成長に寄与することができたコラボレーション企画となりました。

これを受け、2023年の健康博覧会では、フェムテックをより広義に捉えることができる”ジェンダードイノベーション”をコンセプトに掲げ、性差分析に着目したあらゆる女性ヘルスケアソリューションが一堂に集結するエリアを開設します。

ジェンダードイノベーション(※2)は、今あらゆる業界で広がり始めている概念で、性差に基づく研究は今世界的に活発化しています。特に性差分析が必要とされるヘルスケア業界での浸透を願い、そして、あらゆる年齢、ライフステージ、不調・持病・障害のある女性に、性差に基づいたヘルスケアソリューションが適時適切に届けられることを願い、革新的な技術・製品・サービスをお持ちの企業様と共に、このイベントを盛会にしたいと考えています。

(※1)性と生殖に関する健康と権利
(※2)ジェンダード・イノベーションとは科学・技術・政策などの領域において男女の性差分析を取り込むことで、新しい視点を見いだしイノベーションを創出すること。男性の身体を主体に研究開発が行われてきた医療界・ヘルスケア業界においては特に必要とされている概念。男性優位の社会構造から脱却を図ろうとするジェンダー平等に向けた世界的な動きも大きな後押しとなり、今後の加速が見込まれている。

 

詳細・出展お申込み

2022年2月8月~10日に開催される健康博覧会の「特設フェムテックゾーン(ブース番号:2x-23)」にて、2023年の出展に関する詳細のご案内を開始致します。お申込み順に小間位置のご案内をさせて頂きますので、ご関心がある企業様はぜひブースへお立ち寄りください。

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP
×