「人生100年」は古い?トレンドは「人生120年」

人生100年はもう古い概念かもしれない。今注目されているのは「人生120年」だ。ネット上では「120歳」の検索が増加傾向にあり、「120歳」にフォーカスした書籍もちらほら登場している。

Googleトレンド「120歳」

例えば「120歳まで生きるロングブレス」はベストセラーに。著者は、以前に「ロングブレスダイエット」で一大トレンドを巻き起こしたフィットネスインストラクター。今回の書籍では120歳まで生きることをコンセプトに掲げた。

120歳まで生きるロングブレス

他「120歳」を題材にした書籍には以下もある。

人生120年の選択

ヒトは120歳まで生きられるのか 生命科学の最前線

52歳で折返し120歳で現役 丹田発声・呼吸法で医者要らず

120歳まで「悩まず」に元気に生きる方法

「健康長寿」「100歳まで元気に」「さらにもっと、120歳まで長生き」ー。長生きに備えようとする動きが広まる一方で、「長生きはリスク」と、経済的理由や健康状態を理由に長生きに否定的な人がいるのも事実。幸福度の高い人や老後の心配がない人は長生きしたい。そうではない人は長生きしたくない。「死生観」の二極化が始まっている。

 

【編集部おすすめ記事】
100歳以上の高齢者の数、48年連続で過去最高を更新 女性8割超え
100歳まで生きたくない人6割越え 長生きに必要なこと・不安なことは?
長生きリスクの備えに 男性よりも女性が多く持っているモノとは?
女性の長生き要因は?研究報告
日本人の平均寿命と健康寿命 2018年は延伸し、過去最高を記録

女性生活者の調査レポート