世界7都市で異なる女性像とメイク意識

カネボウ化粧品(東京・中央)は、東アジアを中心とした7都市で「女性のライフスタイル調査」を実施した。これにより、各国・地域それぞれの女性を取り巻く環境、社会的な立場やライフスタイルの違いが、メイク意識や表現にどのような影響を与えているかを確認した。

メイク表現は国や地域により明確な特徴

インターネット・SNSの普及により、世界中のどこにいても同質の情報が得られる時代になったが、女性達のメイク表現は、国や地域によっていまだ明確な特徴を持っている。

たとえば、日本と韓国はコスメ大国としてアジア地域に大きな影響を与えているが、隣国同士であるにもかかわらず、そのメイク表現は大きく異なる。そこで同社は、東京、北京、上海、台北、バンコク、ソウル、ニューヨーク(NY)の18~34歳の女性、計1,219名を対象としたインターネット調査を実施し、以下の考察をまとめた。

・ソウルの女性は7都市で最もメイクに時間をかけ、また使用アイテム数も最も多くなっています。東京の女性は、アイテム数は多いものの、かける時間は最も少なくなっています。

・最もメイクに力を入れるタイミングは、バンコク・北京は「仕事に行くとき」、ソウルは「デートのとき」。東京の女性は「同性の友人と遊びに行くとき」が他都市より高くなっています。

・プライベートではすべての都市で、7割以上の女性が楽しんでメイクをしています。一方、仕事では、プライベートと比較して楽しみ度合いは低くなり、東京・ソウルは特に低くなっています。

・メイクをする意味は、ソウル以外の都市は、「身だしなみのため」が一番に挙げられていますが、ソウルの女性は他都市とは違い「欠点カバー」「自己表現」のためにメイクをしています。また、北京・上海・バンコクの女性も、2番目には、「自己表現」を挙げています。東京の女性は「おしゃれを楽しむ」ため、NYの女性は「女性であることを楽しむ」ためにもメイクをしています。
(引用元:カネボウ化粧品)

画像:株式会社カネボウ化粧品

【編集部おすすめ記事】
メイクで負担かかるのにケアしていないパーツ
トレンドと深層心理は真逆 今時メイク女子の本音
ベストコスメ賞総なめ!驚異的な人気商品、大注目のメイクアイテム
「メイクを面倒に感じるシーンTOP8」から考える消費行動促進のヒント
「日本人女性特有の悩み」にこたえる今人気のヘア&メイクアップアーティスト

一緒に読まれている記事