長生きリスクの備えに 男性よりも女性が多く持っているモノとは?

長生きすることはめでたいとされていたが、最近では「長生きはリスク」と捉える傾向が強まり、何歳まで生きるのかわからない不安が大きくなっている。特に不安を抱えるのは、男性よりも平均寿命が長い女性の方だ。そんな「長生きリスク」に備えて女性がしていることの一つが、へそくり。

合わせて読みたい記事

シニア向け女性誌「ハルメク」による、60~79歳の婚姻関係のあるシニア男女437名を対象に行ったへそくりに関する調査で、半数以上がへそくりを貯めていることがわかった。男女別に見ると、へそくりをしている女性は男性の1.6倍で、平均金額は男性より女性の方が多かった。

  • 女性:平均514万円
  • 男性:平均330万円

出典:ハルメク

へそくりをしている理由については「配偶者の財産管理に対する不信・不安」の他に、「男性より長生きするリスクへの備え」が挙げられ、「自分の老後のお金に心配がないように貯金している。残されるのは私だから(66歳)」という声があった。
【編集部おすすめ記事】
消費にも影響 誰にも頼らない「男」と周囲に頼る「女」
「60・70代のネット利用率半数超え」から考えるシニア向けwebマーケティングのポイント
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事