増える「寝ながらヘルスケア」人気の理由は楽・簡単・時産

寝ている間に首につける疲れとりネックウォーマー、寝ながら外反母趾をケアするサポーター、寝ながらバストケアができるナイトブラ、顔のたるみを防止するリフトアップマスク、気になるシワ対策ができる目元パックなど、寝ながらヘルスケアできる商品が続々と登場している。人気の理由はやはり「寝ている間に体をケアできる」手軽感と時短・時産メリットだ。

<合わせて読みたい記事>
「時短」から「時産」へ 働く女性の新たなキーワード

本来であれば起きている限られた十数時間の中で、エクササイズ、ストレッチ、マッサージといったケア時間を捻出する必要があるが、タスクが多い現代人にとっては、その数分・数十分ですら確保が難しい。そこで今、ヘルスケア業界が目をつけているのが「寝ている時間の活用」だ。実際に商品化されている事例は冒頭の通り。

<合わせて読みたい記事>
寝ながらヘルスケアは人気。75万部販売の疲れとり首ウォーマー

そして新たにこのカテゴリーに加わったのが、ヒップシェイプアップ。段階圧力ソックスのメディキュットシリーズを販売するレキットベンキーザー・ジャパンの新商品「寝ながらメディキュット ヒップシェイプアップスパッツ」で、今月19日に発売開始となった。垂れがちなお尻の肉を引き上げながら、足首からヒップまでを引き締める。ヒップのエクササイズの習慣がある女性も、習慣にしたいけど時間がない女性・続かない女性にも喜ばれるアイテムだ。

【編集部おすすめ記事】
「時産で健康」は自動車業界からも 多忙極める女性の運動ニーズに応える
「時短」から「時産」へ 働く女性の新たなキーワード
女性の時産ニーズ叶える 新発想のドライヤー
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

新着ニュース