便利・手軽だけど難点あり 中高年女性向けヘアファンデーション

50代以降向け化粧品で人気を集めている資生堂のプリオールから白髪用ファンデーション「ヘア ファンデーション」が今年の夏に発売されたことで、薄毛や白髪を気にする女性たちの間でヘアファンデーションやヘアパウダーの注目度が高まっている。

ヘアファンデーションとは、スポンジやブラシで白髪に色をつけたり、薄毛で目立つ頭頂部の分け目や生え際に色をつける毛髪・頭皮用のファンデーション。白髪が隠れるのはもちろん、頭皮の色も隠せるので簡単に毛量を多く見せられる。シャンプーで簡単に落とせる手軽さも人気だ。

根元の白髪のせいで髪の毛が薄く見えてしまうことに悩む女性や、美容院や自宅での定期的なヘアマニキュアを面倒に感じる女性、広範囲の白髪や頭皮を時短で隠したい女性たちに愛用されており、ヘアファンデーションの購入者レビューや口コミには「マスカラタイプでやるより楽で良い」「どこででもさっと髪の毛にメイクできる」「髪の毛が多く見える。うまくごまかせている」と高評価が並ぶが、プリオールのヘアファンデーションのように毛髪専用の場合は頭皮につかないように気をつけなくてはいけない商品もあり、「頭皮につかないように髪の毛だけ塗るのは難しい」と言った声も。また、「ヘアファンデーションを塗った後に手で髪の毛を触ると粉が移る」といった不満も見られる。まだまだ改善の余地はありそうだ。

以前からヘアファンデーションやヘアパウダーは通販サイトを中心に販売されてきたが、白髪隠し・頭皮隠しの第一候補というポジションは確立されていなかった。手軽な一方で色移りしやすい難点はあるが、プリオールからの登場で今後、中高年女性の間でヘアファンデーションの愛用者が増えそうだ。

【編集部おすすめ記事】
頭皮ケアする女性増加 目的は「薄毛対策」よりも…?
50代女性のエイジング対策ニーズは「印象操作」
10代~50代女性、年齢で異なる「肌悩み」
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事