再度人気商品へと押し上げるための、リサイズ戦略

プロダクトライフサイクル(商品の寿命)の関係上、人気商品・サービスにもやがては衰退期が訪れる。成長期を過ぎて衰退期へ入った商品を再度人気商品へ復活させるヒントの一つが「リサイズ(サイズの変更)」かもしれない。男性と比較して一般的に女性は筋肉量が少なくカラダが小さいことや、日頃持ち歩く荷物の多さや重さから「サイズ」を小さくすることで女性の心をつかめるからだ。

【例①】持ち運び用折り畳み靴のスモール化・軽量化

折りたたみ持ち運び用靴。いつもハイヒール靴で歩き周る性にとって移動中のために履き替えるペタンコ靴は、足の痛みと疲れを軽減する救世主だ。しかし日頃から持ち運ぶ荷物(化粧ポーチ、乾燥対策用ミニ化粧水ボトル、仕事グッズ・子供用グッズなど)が多いのに、ペタンコ靴まで持ち歩くのはかさばるし、重い。そこで定番人気商品として注目を集めるようになったのが、薄く折りたためるペタンコ靴だ。

 

【例②】おひとり様キャンプ用のテント

お一人様キャンプ用のテントも、女性が一人で設置・持ち運びできるようサイズを小さく軽量にしたことで女性の心を掴んでいる。女性のお一人さまキャンプ市場を拡大させたのはミニサイズテントの登場による部分も大きい。ネット通販には、お一人様用キャンプアイテムが並ぶ。

 

【例③】通常サイズと小型サイズの2種類を発行する女性誌

女性誌の休刊や廃刊が続き、女性誌の発行部数が伸び悩むなか登場したのが、雑誌のコンテンツとボリュームはそのままに、サイズだけ小さくした「バッグサイズ」。バッグにすっぽり入れて持ち運べるサイズだ。リサイズされた分、文字が小さくなり読みづらくなるが、写真やイラストなどを眺めるのに問題はない。バッグサイズを購入できる雑誌は限られているが、どこにでも持ち歩けること、雑誌を持つ手が疲れない点は嬉しい。

ミニサイズの女性誌

ミニサイズの女性誌

【例④】ファミリータイプ型ではなく、単身世帯用のスモールミキサー

ファミリー向けの大型タイプを小型化した、おひとり様用スモールミキサー。食材をブレンドするプラスチック部分はブレンド後そのままボトルとして持ち歩ける。ブレンド後に食材がこぼれることを心配しながら別のグラスに注ぐ必要がない点や、従来のミキサーでは底に材料が残りやすかった欠点を改善している点が評価されている。一人暮らしの女性や、ギフト用として喜ばれるだろう。

 

以上の例のように従来の商品をリサイズ・軽量化することで、再度ヒット商品にできるかもしれない。リサイズ・軽量化以外でおすすめしたいのが、男性用商品を女性用にリニューアルする方法だ。マーケティング戦略の一つとして検討してみては?

 

 

 

 

<編集部おすすめ記事>
女性の健康意識と消費行動まとめ
健康行動に取り組んでいない女性6割、なぜ無関心?
トレンドは逆転、「美容のために健康」から「健康のために美容」へ
女性の注目集めた、マーケティング事例40選
女性たちの健康行動、どう起こす? マーケティング戦略に役立つデータと企業事例

PAGE TOP
×