健康経営支援に 「四大疾病ヘルスケア・サポートサービス」販売開始

24時間電話健康相談、名医紹介サービス、メンタルヘルスカウンセリング等の健康経営支援サービスを提供するティーペック(東京・台東区)は、「四大疾病(※)ヘルスケア・サポートサービス」(以下、四大疾病HCSS)を企業、健康保険組合等に向け販売開始する。※がん、心疾患、脳血管疾患、糖尿病

四大疾病HCSSでは、次を提供する。

  1. 24時間・年中無休の電話による健康相談(ハロー健康相談24Ⓡ)
  2. 糖尿病専門医の受診手配・紹介(優秀糖尿病臨床医ネットワーク・サービス)
  3. 電話と面談によるセカンドオピニオンの手配・紹介と国内有数の医療機関の受診手配・紹介サービス
  4. 二次検診(精密検査)に対応する全国791医療機関の受診手配・紹介(二次検診ネットワーク)

画像:ティーペック

二次検診ネットワークは、臨床検査受託事業や健診事務代行サービス等を手掛けるLSIメディエンス(東京・千代田区)が提携している健康診断・人間ドックなどの健診機関および医療機関の一部を活用する。これにより、健診および日常的な健康・医療に関する電話相談をはじめ、三大疾病(がん、心疾患、脳血管疾患)と糖尿病など生活習慣病に関する相談と専門医療機関でのセカンドオピニオンや治療の受診手配・紹介がワンストップで可能になる。

同社は四大疾病HCSSにより、早期発見・早期治療を促し重症化予防による医療費抑制や、治療期間の短縮による生産性向上を図る。

【編集部おすすめ記事】
「ながらワーカー」浸透 健康経営企業向けの商品・サービス需要増に期待
健康経営・外出難しいシニア・働くママに最適 省スペースフィットネス
選定企業24社 健康経営銘柄2017発表
健康経営・外出難しいシニア・働くママに最適 省スペースフィットネス
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

女性生活者の調査レポート