各社から低糖質クリスマスケーキ イベントのご馳走もヘルシー志向 

各社から低糖質のクリスマスケーキが登場している。シーズナルイベントのご馳走もすっかりヘルシー志向だ。

画像:ドクターリセラ

  • エステサロンにコスメを販売するドクターリセラ「94%糖質OFFケーキ」
  • ローソン「チョコムースケーキ(1/6カットで糖質10g)」
  • セブンイレブン「糖質オフ フランボワーズケーキ」「糖質オフ ティラミスケーキ」
  • ライザップ「RIZAPクリスマスケーキ 糖質84%OFF」
  • イオン「タカキベーカリー 糖質オフのクリスマスベリームース」

他、楽天市場でも低糖質・糖質オフクリスマスケーキで検索すると多数の商品がヒット。クックパッドでも「糖質オフ」「糖質制限」のケーキレシピが多数投稿されている。

病気別食事療法に合わせたヘルシースイーツ

ヘルシーケーキは現在は低糖質・糖質オフが中心だが、たんぱく質の摂取制限が必要な人向けの低たんぱくケーキ(菓子工房HOCCO)も登場。低糖質・糖質オフケーキやスイーツは一般的になりつつあり差別化も難しくなっている。今後は低たんぱくケーキに代表されるように、市場は小さいが確実にニーズのある、病気別食事療法に合わせたヘルシースイーツの登場が期待される。

 

【編集部おすすめ記事】
「減塩」テーマの通販サイト 累計4万本販売の食塩不使用商品 第2弾が登場
「病院食」という可能性 北海道の病院の画期的な取り組み
「健康ブーム」って本当に起きてる?グローバル調査から見る健康意識の変化
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

女性生活者の調査レポート