いつでもどこでもウェアラブルヨガマット 増える省スペース型グッズ

いつでもどこでもすぐにヨガを実践できる、ウェアラブルヨガマット「ヨガポーズスキン」。各メディアがその珍しさからヨガポーズスキンを取り上げており発売直後は注目を集めたが、今は注目度合いも少々落ち着きを見せてる。新しいヨガのスタイルとして定着するか?

通常、ヨガを行うには様々なポーズを取るのに滑り止めとしてヨガマットが必須だが、手と足に装着するヨガポーズスキンを使用すればヨガマットは必要ない。持ち歩く手間を省ける上に、ヨガマットを広げるスペースを確保する必要がないのも嬉しい。

今年は各社から「省スペース型」のフィットネス関連グッズが登場した。スペースを確保せずとも気軽にフィットネスに取り組めるよう、「どこでも・いつでも」が共通の特徴だ。次の記事内の「ポータブルフィットネスジム」と「デスク型バイク」も省スペース型が売りだ。

<合わせて読みたい記事>
史上初 持ち運べる省スペース型「ポータブルフィットネスジム」
健康経営・外出難しいシニア・働くママに最適 省スペースフィットネス

企業がヨガイベントを行う際、ネックは「ヨガマットを参加者持参にするか、自社で用意するか?」「個々がヨガマットを広げるだけのスペースを確保できるか?」だが、ヨガポーズスキンのような場所を取らない商品なら、イベント開催者も参加者もヨガへのハードルが下がる。

自宅でヨガをするならヨガマット、旅行先でヨガを楽しむならヨガポーズスキン、といったように、用途や場所によってヨガマットとヨガポーズスキンを使い分ける人も出てくるだろう。

新たなヨガのスタイルとして少しずつ「ヨガマットを必要としないヨガスタイル」が広まっていくかもしれない。

 

【編集部おすすめ記事】
集客しやすいホットヨガの月会費はいくら?
睡眠負債で広がる快眠ニーズ 「パワーナップ」で快眠×ヨガ
スポーツクラブ売上ランキングと、業界ニュースまとめ2017〜2018
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事