1日で何人が何の病気で死亡? 日本の出来事を1日単位の数字で理解する「日本の1日」

日本で1日に起こる出来事を数字でまとめている「日本の1日(厚労省「令和5年版厚生労働白書」)」は、厚労省が毎年公表するもの。直近の統計をもとに1日で亡くなる人の数、生まれる人の数、男女別の平均歩数、仕事中に怪我をする人の数、通院者数、デイサービスの利用回数など、医療・労働・育児・介護などにまつわる主要データを掲載している。1日単位で見ると、各項目の規模感をザクっと理解・比較できる。マーケティングの参考に。

 

 

 

【編集部おすすめ記事】
働く女性の不調・仕事への影響・対処法、プレゼンティーズムの実態
女性より男性更年期の方がタブー? 更年期と仕事の両立問題、性差が明らかに
女性就業率53.2%で過去最高 育児・介護で離職した女性22.1万人
精神疾患で離職・休職する学校教員、過去最多
【来場登録受付中!!】第2回 ジェンダード・イノベーションEXPO

PAGE TOP
×