【厚労省】健康・医療・介護のビッグデータ利活用、2020年から本格稼働へ

厚生労働省は「保健医療分野におけるAI活用推進懇談会」の初会合を12日に開催した。健康・医療・介護分野のデータを横断的につなげるICTインフラを、2020年度から本格稼働させる計画。社会保障や診療報酬の管理システムなどの構築のみでなく、ビッグデータ分析により病気の予防法も構築する狙い。

データヘルス活用のメリット

画像:厚生労働省

データヘルス活用

画像:厚生労働省

関連情報
第1回 保健医療分野におけるAI活用推進懇談会 資料(厚生労働省HP)
データヘルス計画の背景とねらい(厚生労働省HP)

おすすめ記事
医療・健康情報を「ケタ違い」の規模で収集・解析するプロジェクト開始
メットライフ、産学連携で疾病予防プログラム開発
電球で見守りサービス。生活リズム可視化でヘルスケア応用も
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ

一緒に読まれている記事