近未来的 ARスポーツ “HADO” 人気広がる

近未来的なARスポーツ「HADO(ハドー)」の人気が広がっている。HADOとは頭にヘッドマウントディスプレイ、腕にアームセンサーを装着して技を放つ、今話題の最新のAR技術を使ったスポーツで2014年創業のmeleap(東京・港)が提供している。

現在、HADOは世界16ヶ国26箇所に店舗を展開。昨年12月に行ったHADO WORLD CUPでは世界3カ国から12チームが参加した。9月1日には、HADO SUMMER CUP 2018を都内で開催する。全8組が集結し、賞金40万円とHADO WORLD CUPへの出場権をかけた戦いを繰り広げる。当日は会場、またはwebで観戦可能。以下動画は、HADO WORLD CUP2017ダイジェスト。

【編集部おすすめ記事】
東急スポーツオアシス×朝比奈さくら 3Dアニメーションエクササイズ開発
バーチャル旅楽しむワークアウトで完全没入感 VR×暗闇×バイク
【動画】続かない運動…行動変容を促すのはVRフィットネス
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事