RIZAP × グンゼによる 最先端トレーニングウェア 「筋電WEAR」

RIZAP(東京・新宿区)は、グンゼ(大阪市)との連携により「着用するだけで筋肉の動きが可視化できる筋電WEAR」の導入を2017年9月より開始した。

「筋電WEAR」は導電性の生地をセンサーとして内蔵しており、ウェア内部でセンサーとデバイスを連動させ、トレーニング中の筋肉へかかる負荷の状態を専用のアプリケーションからリアルタイムで確認できる。身体に貼るパッド等で測定する従来の方法では、特定の体勢が取れず正確な測定ができないなどの問題が生じていた中、RIZAPは近年機能性肌着素材の研究に力を入れているグンゼの技術力に着目。グンゼとの共同開発に至った。

画像:RIZAP株式会社

「筋電WEAR」の活用により、「動かすべき筋肉が動かせているか」「負荷をかけたい筋肉に適切な負荷がかかっているか」「どのような姿勢のトレーニングがどの筋肉に対して高い効果を発揮できるか」などが簡単かつ正確に把握できるため、RIZAPのトレーナーが筋力トレーニングに関して、より科学的で正確な知識を得ることができる。同社は今後、部分痩せをしたい人や、ケガやリハビリ中の人・高齢者にも安心して取り組んでもらえる、局所的な負担をかけない・安全で効果の高い筋力トレーニングプログラムの開発を行うと同時に、「筋電WEAR」の活用実績・要素技術の発展の状況を踏まえ、順次RIZAPユーザーへの提供を検討する。

【編集部おすすめ記事】
ランニングプログラムの参加で禁煙に成功 研究報告
AIの1:1コミュニケーションツールでフィットネス会員の退会防止ねらう
健康経営・外出難しいシニア・働くママに最適 省スペースフィットネス
男性よりも女性の行動者率が高いのはどんなスポーツ?
サンスター 体験型健康支援プログラム「健康道場ツアー」開催

一緒に読まれている記事