男性よりも女性の行動者率が高いのはどんなスポーツ?

(最終更新:2018年9月25日)
一般的に男性の方がスポーツをする人が多いが、スポーツの種類によっては女性の方が多いようだ。女性の行動者率が高いのは、どんなスポーツだろうか?(参照:平成28年社会生活基本調査〜生活行動に関する結果〜)

男女別・年齢階級別スポーツの行動者率

まずは、年齢階級別に男女それぞれのスポーツ行動者率を見てみよう。全年齢階級において男性の方が行動者率が高い。一般的に女性の方が健康意識が高いので女性の行動者率が高いのでは?と予測してしまうが、スポーツに関しては男性の方が高い。

女性の行動者率が高い3スポーツ

次に、スポーツの種類別に男女それぞれの行動者率を見てみよう。

女性の方が男性よりも行動者率が高いのは次の3スポーツだ。

  • ウォーキング・軽い体操
  • バドミントン
  • バレーボール

「ウォーキング・軽い体操」に関しては男性の行動者率も高く、男女ともに人気のスポーツであることがわかる。前回調査の平成23年の結果と比べても全年齢階級において行動者率は上昇しており、手軽に始められる・続けられるスポーツということで、実施する人が増えているのかもしれない。男女両方の参加をねらうアクティビティなら、男女両方に人気の「ウォーキング・軽い体操」がよさそうだ。

【編集部おすすめ記事】
大人のスポーツ人口増加傾向に 運動系イベントの成功パターンは?
「運動をする一番の理由は何?」スポーツ庁の調査結果
スポーツ観戦意向が最も高い年代は?
スポーツは「外派」「フィットネス派」そしてもう一つ
期待市場「スポーツツーリズム」の現状と課題
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事