アピアランスケアをワンストップ提供 アデランス 病院内ヘアサロン30店舗目出店 

総合毛髪関連企業のアデランス(東京・新宿区)は、国内30店舗目となる病院内ヘアサロン「ヘアサロン こもれび 帝京大学医学部附属病院店」を2017年11月15日に、帝京大学医学部附属病院(東京・板橋区)に出店した。

同社が2002年9月から展開する病院内ヘアサロンは、抗がん剤や放射線治療等の副作用による脱毛や爪の変色など外見の変化に悩む患者のQOL(Quality of Life)向上を目的に病院内に常設している理美容室。シャンプー、ヘアカット、カラーリングといった一般的な理美容サービスの提供だけでなく、脱毛に関する相談、医療用ウィッグの取扱いやアフターサービスの実施、メイク・ネイルの施術など、患者の生活を支援するアピアランス(外見)ケアをワンストップで提供している。

画像:アデランス

サロンでは、患者への負担を考慮し、2012年から病院内ヘアサロンに行くことができない患者に座ったままカットやシャンプーが提供できるよう、移動式理美容イスを導入している。店内はバリアフリーを実現し、点滴スタンドや車イスでの来店が可能だ。病室まで出向く出張カットにも対応するため、自身での来店が困難な患者でもサービスを受けることができる。同社が展開する、地方別病院内ヘアサロン店舗数は次の通り。

  • 北海道地方…1店舗
  • 東北地方…2店舗
  • 関東地方…9店舗
  • 中部地方…3店舗
  • 近畿地方…7店舗
  • 中国地方…2店舗
  • 四国地方…1店舗
  • 九州地方…5店舗

【編集部おすすめ記事】
介護殺人「母親に、死んで欲しい」に共感のコメント多数
介護労働者は何にストレスを感じている?調査結果
介護と美容繋げるトークイベント「介護×美容のチカラで、新たなミライ」
医療機関と連携 住人の健康守る「健康管理型マンション」
ビジネスパーソン 仕事と治療の両立で苦労すること
日本初の専門教育機関 介護×美容で福祉業界の新しい未来目指す

女性生活者の調査レポート