SNSが心の健康を阻害 もっとも悪影響のSNSは? 英調査

10〜20代の特に若い世代にとって、SNSは人との交流を維持・構築するための大切なツールだ。生活していく上で欠かせない存在の一方で、そのSNSが若者の「不安感」「孤独感」「劣等感」など心の健康を阻害する要因にもなっているという。

代表的なSNS5社(フェイスブック、ツイッター、インスタグラム、スナップチャット、YouTube)のうち、特に心の健康に悪影響を及ぼしているのがインスタグラム、次いでスナップチャット。反対にプラスの影響を持っているのがYouTubeとのこと。その理由とは?英王立公衆衛生協会による調査発表。⇒記事「『若者の心の健康に最悪』なSNSはインスタグラム」(BBC NEWS JAPAN)

【編集部おすすめ記事】
うつ病患者、世界で推計3億人 10年で18%増加
健康を維持できる1カ月の残業時間のライン
自殺原因トップは「健康問題」、ヘルスケア各企業が把握すべき事実
違いが分かる!国内5大SNSを徹底比較した、便利なSNSデータ集
SNSマーケティングの参考に 2017年主要SNSの最新動向

女性生活者の調査レポート