増え続ける共働き世帯 昭和55年から平成28年までの推移

結婚したら専業主婦というライフコースをたどるのが一般的だった昭和の時代から一転、平成に入ると結婚後も働き続ける女性が増え、共働き世帯の数は急激に増加した。「共働き世帯(グラフ青線)」の数が、「働く夫と無業の妻からなる世帯(グラフ赤線)」の数を上回ったのは平成9年。以降、共働き世帯の数は年々増加している。次の表は昭和55年から平成28年間での共働き世帯の推移を示している。

【編集部おすすめ記事】
年代で異なる働く女性のストレス要因
家事シェア夫婦、本格拡大の見込み 女性の関心高い4社の提案事例
共働き世帯の新3種の神器 「家事負担を少なくするシェア型」人気
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

新着ニュース