女性の不調 全ての原因は「気圧のせい」が流行中

「頭痛」「倦怠感」「肩こり・腰痛」「眠気」「気持ちの落ち込み」「イライラ」「めまい」「せき込む」「耳鳴り」「慢性痛の悪化」といったさまざまな不調。それは「気圧」のせいかもしれない。最近、ツイッターには「#全部気圧のせい」という投稿が相次いでいる。

気圧・気温・湿度などによる不調は「気象病」と呼ばれ、ゲリラ豪雨や大型台風、温暖化など異常気象が続く近年、気象病により不調を感じる女性が多くなっている。愛知・長久手市の愛知医科大学病院(痛みセンター内)には気象病外来/天気痛外来があり、多数のメディアに登場している“天気痛ドクター”佐藤純医師が診療を行う。東京・世田谷の「せたがや内科・神経内科クリニック」も気象病・天気病外来を設置している。

【編集部おすすめ記事】
20~50代働く女性の3大不調と、不調を感じ始めた年齢
男女で異なる有訴者率と上位5症状から考える「女性特有の不調」
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事