男女で異なる有訴者率と上位5症状から考える「女性特有の不調」

男女別に有訴者率(※)を見ると、女性特有の体の不調が見えてくる。厚生労働省が公表している平成28年 国民生活基礎調査の概況「Ⅲ 世帯員の健康状況」では、男女別の自覚症状の状況について調べており、男女それぞれ上位5症状は次のようになった。全体的に女性の有訴者率が高いことと、また、男女で上位5症状が異なる点に着目したい。※人口1,000人あたりの、病気やけが等で自覚症状のある者(有訴者)の比率

画像:平成28年 国民生活基礎調査の概況「Ⅲ 世帯員の健康状況」

男性の有訴者率上位5症状

  1. 腰痛(91.8)
  2. 肩こり(57.0)
  3. せきやたんが出る(50.5)
  4. 息がつまる・鼻汁が出る(49.5)
  5. 手足の関節が痛む(40.7)

女性の有訴者率上位5症状

  1. 肩こり(117.5)
  2. 腰痛(115.5)
  3. 手足の関節が痛む(70.2)
  4. 体がだるい(53.9)
  5. 頭痛(50.6)

筋肉量が少ないことや体の冷えが要因で、女性に肩こり・腰痛持ちが多いことが知られている通り、調査結果からも、男性よりも女性が圧倒的に多いことがわかる。加えて男性にはなく女性に多い症状が「体がだるい」「頭痛」。生涯にわたり心身が女性ホルモンの影響を受け、さらに自律神経も乱れやすい女性ならではの症状と言えるだろう。

上の調査結果は全年齢における上位5症状のため、年齢別にランキング化したら異なる結果が出るかもしれないが、「肩こり」「腰痛」「体がだるい」に関しては、年齢関係なく多くの女性が日頃から感じている項目だ。

30〜70代女性の健康悩みに関する他の調査結果でも、「肩こり・腰痛」、「疲れが抜けない」、「頭痛がよくある」は上位10位に入っており、また、働く女性を対象にした調査では、「疲れやすい」を感じる人が最も多かった。

<関連記事>
30代~70代女性の健康の悩みランキングTOP10
働く女性の不調ランキングTOP14 ダイエットよりも気になること

性差により、有訴者率や症状が異なることを理解したい。

【編集部おすすめ記事】
うつ傾向がある人が感じる精神的不調と身体的不調とは?
業態によって異なる女性の生活習慣 最も不健康な業態は?
働く女性の不調解消法「お金をかけない」ばかりがランクイン?
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事