固形石鹸リバイバル人気 隠れ名品は「ホネケーキ」

昨年90周年を迎えた牛乳石鹸共進社(大阪)の牛乳石鹸、カウブランド「赤箱」。洗顔専用の石鹸ではないが、乾燥肌・敏感肌の女性の間で数年前からユーザー=“赤箱女子”が増えている。人気の理由は洗顔後の“つっぱり感”がないこと。同社調査によると、赤箱女子のうち5年以上使用しているベテランユーザーは41.7%。2014年度からの4年間で年間出荷個数は約1,400万個から2,100万個へ増えたという(美ST4月号 p.94)。

赤箱女子

出典:

人気は資生堂のホネケーキ

そんな赤箱人気が話題になったこともあり、近年、固形石鹸の人気が復活している。特に人気を集めているのは「資生堂ホネケーキ」。宝石みたいなデザイン、レトロな昭和デザインが受けている。

固形石鹸人気 Googleトレンド「固形石鹸2008~2019年」

 

View this post on Instagram

 

今日は女子っぽいレトロ😊🌹🌼🎀🌷昭和の石鹸色々と、おもちゃ屋さんの倉庫に眠ってたというブラシとミラーのセット☺️✨ どれもそこまで古くはなさそうだけど、石鹸ケースが宝石箱みたいで魅力的🛑❇️💠💟紙パッケージも個性的なデザインでマダム感が漂ってます🌹(香りも😆) ブラシとミラーのセットはこの箱のまま飾ろうか、持ち合わせていない女子力の足しに一つバッグに忍ばせておこうか、ん〜悩む〜😆 けどやっぱりこのまま飾っちゃう😁 #レトロ石鹸 #石鹸ケース #ホネケーキ #honeycake #資生堂#shiseido #soap#world #bettyandtom#昭和レトロ

yokkoさん(@yokkonotodana)がシェアした投稿 –

部位別・悩み別の石鹸が豊富

固形石鹸が再度見直されているのは、肌への優しさを求めるナチュラル志向の女性が増えていること、コスパが良いことが挙げられる。液体石鹸を購入すれば数百円はするが、固形石鹸なら¥100前後で購入できる上に液体石鹸より長持ちする。最近では部位別・悩み別に商品が細分化され、きめ細やかな女性のニーズに応えている点も支持されている。

 

【編集部おすすめ記事】
エコなミニコスメが人気
劇的変化よりも「ちょこっと」ニーズ 人気の注入系美容
アプリでお化粧!メイクアプリが人気の理由と市場の動向
石鹸の新たな活用法 主婦に人気のソープカービング
コスメ業界、今季注目の2カラー

新着ニュース