ソニー生命「増加する子育てと介護のダブルケア」を公開

画像引用元:ソニー保険

画像引用元:ソニー保険(以下同じ)

ソニー生命(東京・港区)は、子育てと親・親族の介護が同時期に発生する「ダブルケア」に関するwebメディアを2016年6月28日(火)に公開した。

女性の晩婚化により出産年齢が高齢化し、兄弟数や親戚ネットワークも希薄化し続けている現代。そのような家族構造の変化のなかで、子育てと親の介護を同時にする世帯――ダブルケア負担の世帯――の増加が予測されています。超少子化と高齢化が同時進行する日本のような国では、ダブルケアは近い未来、大きな社会問題・政策課題になると考えられています。(引用元:ソニー生命)

ダブルケア1

同社は引き続き積極的にダブルケア対策に取り組んでいく。

関連記事
■小学生ママの消費行動は、子供の意見重視
■働くママの出産後の仕事意欲の変化に伴い、うまれるニーズとは?
■ケアマネージャー117人に聞いた介護の現場「困りごと」

一緒に読まれている記事