国内の化粧品OEM市場は前年度比5.1% 2016年調査

2015年度の国内化粧品OEM市場は、前年度比5.1%増で2,620億円となった(TPCマーケティングリサーチ株式会社調べ)。通販を中心に、化粧品市場に新規参入する中小企業の受託が増加したことや、訪日客の爆買いの影響により生産量が増えたことが市場拡大の要因と見ている。2015年度は過去3年で最も高い伸長率となった。2016年度は、インバウンド需要の落ち着きの影響から伸長率は低く、2015年度比4.7%増の2,744億円になる見込み。詳細レポートはTPCマーケティングリサーチ株式会社HPをチェック。

関連記事
■化粧品の購入動機は?購入時に知りたいことランキング10
■コメ人気は化粧品業界でも。シニア向け新ブランド登場
■【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ
■【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ

一緒に読まれている記事