直近1年で飲んだ「機能系ビール」は何?

機能系ビール飲料に関する利用実態調査結果(マイボイスコム調べ「機能系ビール飲料に関するアンケート調査(第7回)」)

普段よく飲むビール系飲料

  • ビール 40.0%
  • 新ジャンルビール・発泡酒 20%前後
  • 機能系ビール飲料 10.1%
    ※「ビール類は飲まない」は若年層で比率が高かった

機能性ビールの飲用頻度

週1日以上、機能性ビールを飲む人は約20%。機能系飲料は次々に登場し、健康志向が高まっているにも関わらず「機能系ビールは飲まない・飲んだことがない」と回答したのは約60%も。機能性ビールの新規顧客開拓の余地は十分に期待できる。

しかし別の設問の「機能系ビール飲料飲用意向」に関するアンケートでは、「機能系ビール飲料は飲みたいと思わない」は全体で3割強、男性4割弱、女性3割となっているため、この層にどのようにアプローチしていくか?が課題となる。

画像引用元:マイボイス

画像:マイボイス

直近1年間に飲んだ機能系ビール飲料

  • サントリー金麦 糖質75%オフ・淡麗グリーンラベル 約20%
  • クリアアサヒ 糖質0・アサヒ オフ・アサヒスタイルフリー・サッポロ極ZERO 約10%

各機能系ビールを選ぶ理由は以下。

サントリー金麦 糖質75%オフ

・おいしい。アルコール度数が低く飲みやすい。天然水が良さそう(女性63歳)
・麦以外の副原料が入っていないので美味しい(男性39歳)

淡麗グリーンラベル

・一般に機能系ビールの味には満足していません。ただし淡麗グリーンラベルだけは比較的ビールの味に近いかなと思えるからです(男性54歳)
・糖質やカロリーを気にした時に、選びやすかったからCMなどでアピールしているので、自然に手が伸びます(女性38歳)

クリアアサヒ 糖質0

・機能系のなかではアルコール度数が高めで飲みごたえがあるから(男性51歳)
・もともとクリアアサヒを飲んでいて試しに糖質0を飲んでみたとこと意外と美味しかったので(男性47歳)

関連記事
■今さら聞けない…「機能性表示食品とは、つまり?」簡単に理解しよう
■機能性食品素材市場、2017年どうなる?
■ダイエット&ヘルス人気商品ランキングTOP5 機能性表示食品編
■機能性表示食品の消費者意識調査 2016に見る、消費者インサイト
■機能性表示食品のニーズ・認知度、実は半数以下。その理由は?
■【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
■【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事