妊婦の不安を汲み取ったアプリ、経産省後援キッズデザイン賞受賞

アマネファクトリー (神奈川・横浜市)が提供する、夫婦共有型の妊娠記録・妊娠日記アプリ「トツキトオカ」が、経済産業省・消費者庁後援の(※)キッズデザイン協議会「第10回 キッズデザイン賞『子どもたちを産み育てやすいデザイン部門』」でキッズデザイン賞を受賞した。

「トツキトオカ」は妊娠期間の夫婦のコミュニケーションをサポートする、夫婦連携・共有型としては唯一の妊娠記録・日記アプリ。コンセプトは、 「十月十日(トツキトオカ)の妊娠期間をもっともっと楽しもう!」というもので、心身が大きく変わってしまい気持ちもふさぎがちな妊娠期の女性の心に寄り添ったものだ。

また、妊娠期は女性の負担が非常に大きいにも関わらず、男性パートナーの理解不足や気遣い不足から、「私ばかり!何も分かってくれていない」と女性はストレスを感じやすい。妊娠系アプリは数多くあれど、女性向けの内容ばかりだ。そんな中、こちらのアプリは、「妊娠出産は女性の負担が圧倒的に大きい!」という女性ならではの不満をくみ取っており「一人じゃない!妊娠期間も夫婦共同」型となっている。

約280日・十月十日(トツキトオカ)の妊娠期間中、 お腹の赤ちゃんの様子や母親の体調を共有しながら、 妊娠記録・日記を夫婦で一緒につくって楽しめる。アプリダウンロードは無料。

 

(※)キッズデザインマーク
キッズデザイン賞は、「子どもが安全に暮らす」「子どもが感性や創造性豊かに育つ」「子どもを産み育てやすい社会をつくる」ための製品・空間・サービスで優れたものを選び、広く社会へ伝えることを目的としている表彰制度。受賞作品には「キッズデザインマーク」の使用が認められる。

(※)キッズデザイン協議会
キッズデザイン協議会は、次世代を担う子どもたちの安全・安心の向上と、健やかな成長発達につながる社会環境の創出のために、経済産業省と有志による企業や団体が集うNPO。

関連記事
■出産に対する価値観を知れば、マーケティングが分かる
■【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
■【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事