世界初、子宮内フローラ検査で不妊治療

Varinos株式会社は「子宮内フローラ検査」を世界で初めて実用化。子宮内の細菌バランスを調べる検査で、不妊治療を目的としている。これまで子宮は無菌だと考えられていたが近年は菌の存在が明らかになり、”子宮内の環境菌”と、妊娠など”女性の健康”の関連が示唆されている。そこに着目したのが同サービスで、不妊治療の他、子宮内膜炎、子宮内膜症、子宮頸がん、子宮体癌、早産の原因になる絨毛羊膜炎などへの応用も期待されている。以下は子宮内フローラと不妊の関係の解説動画。「ジャパンベンチャーアワード2020」経済産業大臣賞受賞

 

【編集部おすすめ記事】
フェムテックの市場規模・企業商品事例・動向
フェムテックブームも後押しに 「月経カップ」は国内で市民権得る?
女性の未来を変える! 2020年に注目されたヘルスケアベンチャー
子宮頸部前がん病変の検出能、AIが医師を上回る

PAGE TOP
×