シニア向けIoTデバイス「まごボタン」 簡単すぎてこれなら使いたくなる!

IoT時代のシニアサポートでは、最先端な技術でありながらも簡便性が求められる。「まごボタン」はまさに、誰もがすぐに簡単に使えるIoTデバイスだ。

MIKAWAYA21(東京・港区)は、普段インターネットを使用しない高齢者でも簡単に操作できるIoTデバイス「MAGO(まご)ボタン」を開発、2017年4月より提供開始している。

<合わせて読みたい記事>
ICT健康サービス 利用意向あるのに使わないシニア その理由とは?

まごボタンには「天気・災害情報」「くらしの情報」「家族とのコミュニケ―ション」「コンシェルジュサービス」の4つの安心機能がついているが、この商品が「新しいシニア向けデバイス」と言える理由は、誰もが簡単に使える点だろう。難しい準備や工事、操作が一切不要で、デジタルが苦手な高齢者、例えば100歳のおばあちゃんでもすぐに利用開始できる。

  • Wi-Fi不要ですぐに接続できる
  • 面倒な工事不要
  • コンセントに挿してコタツの上やリビングに置いておくだけ
  • 大きなボタンを押すだけで利用できる

【編集部おすすめ記事】
シニア女性集結 ハルメク開催イベントは大盛況
キャバレーでエクサ×昭和 70~90歳対象「暗闇シニアエクササイズ」
シニアに人気「きくち体操」 体だけでなく心にも好影響か
シニアの理解に役立つ「介護サービス統計データ集2017」
【動画】まるで映画の世界!AIはヘルスケア・消費・シニアの生活をどう変える?
女性に人気のアプリランキングTOP20!特にシニア世代がよく使うのは?

一緒に読まれている記事