【男女の違いvol.9】40〜69歳、男女で異なる「歳をとった」と感じる瞬間

男性と女性では、自分が年をとったと感じる場面が違うようだ。(雪印メグミルクグループ雪印ビーンスターク株式会社調べ「シニアの美容・筋肉・栄養に関する意識調査」,2017,40〜69歳の男女600人)

男性は「運動をした後」

「年をとったなと感じた瞬間はどんな場面でしたか?」という質問で、男性は次のような結果が出た。(複数回答)

  1. 運動した後(49%)
  2. 鏡を見た時(48%)
  3. 階段を昇り降りした時(47%)
  4. 長時間働いた後(40%)
  5. 睡眠時間が減少した時(30%)
  6. 食事の量が減った時(16%)
  7. その他(3%)

女性7割は「鏡を見たとき」

女性は約7割が「鏡を見た時に歳をとった感じる」と回答。男性は体力・筋力といった身体機能が若い・老いの判断基準になりやすいのに対し、多くの女性にとって外見が基準になっていることがわかる。

  1. 鏡を見た時(68%)
  2. 階段を昇り降りした時(55%)
  3. 長時間働いた後(38%)
  4. 運動した後(36%)
  5. 睡眠時間が減少した時(28%)
  6. 食事の量が減った時(17%)
  7. その他(3%)

美容意識が高い女性にとって、やはり外見は重要な位置付けになっているようだ。かと言って、女性は「20歳若く見られたい」「20代に見られたい」というように若く見えれば見えるほど良い、と思っているわけでもない。それでは一体、実年齢よりどれくらい若く見られたいのだろうか?次の記事からどうぞ。

<合わせて読みたい記事>
女性が見られたい年齢は、実年齢マイナス何歳?

男と女、何が違う?

男性と女性では、物事の見方・感じ方がこんなに違う。男と女の違いシリーズは次の記事でどうぞ!

<合わせて読みたい記事>
男と女、何が違う?

【編集部おすすめ記事】
女性が見られたい年齢は、実年齢マイナス何歳?
年齢を重ねた女性が実感する、髪・頭皮の変化とは?
SNS話題1位!「年齢を重ねることを隠さない」女性の支持獲得
米女性誌の宣言「アンチ・エイジングやめます」世界的な流れ起きる予感
野菜を十分に摂取できているのはどの年代?

一緒に読まれている記事