女性市場トレンドと消費傾向

日本初 時間と手間を省くパーソナライズシャンプー誕生

今の消費者に受け入れられるのは、「大衆向け」よりも「自分向け」の商品・サービス。それを叶えているのが、専門家が個別に指導をしてくれる食事指導や運動指導、自分の体調や悩みに合わせてパックしてくれるサプリメントや漢方薬、デジタルツールを駆使したメイク提案、メイクすると自分だけの色に変化するリップやネイル、自分の好みや知りたい情報に合わせたニュース配信アプリなどだ。商品・サービスのパーソナライズ化が生活のさまざまな場面で進み、消費者の「自分だけに合った商品・サービスが欲しい」ニーズを満たしている。

<パーソナライズ化は2018年トレンドの1つ>
美の価値観の多様化による、パーソナライズ化

今回新たに女性市場に登場したパーソナライズ商品は、シャンプーとトリートメント。女性向け定期通販サービス「メデュラ(株式会社Sparty)」が今月22日に発売を開始した。公式サイトで7つの質問に回答すると、100以上の処方からカスタマイズしてつくられた、自分の髪の状態に合った成分を配合したシャンプーとトリートメントが1〜2週間ほどで届く。その後もマイページ上で担当スタイリストが継続サポートする。

出典:Sparty

日本にあるシャンプーの数は1万種類以上と言われており、店頭にもネット上にも商品が溢れる中、自分に合った商品を見つけるのは難しく、その悩みはSNSや購入者レビューなどで頻繁に呟かれている。同社はそんな女性の悩みに着目し、パーソナライズシャンプーのサービスを開始した。購入者の「わざわざ店頭に足を運び、何十種類とある中から選ぶ手間」を省いてくれる画期的な仕組みだ。このようなパーソナライズシャンプーは日本初(同社調べ)。

出典:Sparty


【編集部おすすめ記事】

トレンドは「パーソナライズ」ukaのネイル たちまちヒットした理由
2018年のコスメ・美容のトレンドキーワードは「パーソナライズ」 アットコスメ
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

女性生活者の調査レポート