デリケートゾーンケア商品が好調で販路拡大、勝因は老舗ブランドならではの強み 牛乳石鹸

デリケートゾーンを洗う泡ソープと保湿用の美白ジェルを展開する、牛乳石鹸共進社のフェムテックブランド「アンドフェム」。今年3月に発売後、当初想定していた3倍の出荷数量で推移し、販売が好調だという。

牛乳石鹸のデリケートゾーンケア化粧品

【出典】牛乳石鹸共進社

 

同社は好調の要因を、デリケートゾーンケア市場の拡大や、ネット上で発売前の話題醸成に成功したことなどを挙げているが、中でも、消費者の牛乳石鹸ブランドに対する安心感・信頼感が大きいようで、購入者に購入の決め手を聞いたアンケート調査では、泡ソープと美白ジェル共に、最多は「牛乳石鹸の商品だから」だったという。「牛乳石鹸なら間違いないだろう」「牛乳石鹸の製品は安心・安全のイメージが強い」という声も聞かれたという。

 

デリケートゾーンケア化粧品

【出典】牛乳石鹸共進社

 

デリケートゾーンケア市場への参入は、国内で後発となる同社。発売前の今年2月に、編集部が同社に「後発参入にあたっての強み」を尋ねたところ、「110年以上にわたり”やさしさ”にこだわったトイレタリーの開発を続けてきた信頼とブランド力」と答えており、消費者に持たれている「安心・安全」のブランドイメージを活かすと意気込んでいた。当初の見立て通り、見事にブランド力で女性たちの心を掴んだようだ牛乳石鹸、デリケートゾーンケア市場へ後発参入 理由と“勝ち筋”は?。販売好調をうけ、今後は生産体制を強化し販路拡大を目指すとのこと。

 

 

フェムテックレポート ビジネスモデル、需要性、課題

 

 

【編集部おすすめ記事】
デリケートゾーンケアのニーズはある・ない? 実施率と、関心層・無関心層の理由
花王「トワニー」からフェムケアの新ライン誕生 デリケートゾーンケアの情報発信も
ファミマ、「コンビニエンスウェア」から吸水ショーツを全国で発売
【レポート】売れるフェムテックの「開発」と「販売戦略」 17の障壁と対策

PAGE TOP
×