乳がん発見IoTブラジャー「EVA」 2019年日本発売に期待

1週間に1回わずか1時間着用するだけで乳がんの早期発見が可能になる「乳がん発見IoTブラジャー」が、早くて2019年に日本で発売開始されるかもしれない。

画期的な商品「乳がん発見IoTブラジャーEVA」を開発したのはメキシコ在住の若き起業家、Higia TechnologiesのCEO、Julian Rios Cantuさん。

EVAは乳房の温熱パターンや組織の弾力性の異常を検出するように設計されたウェアラブルデバイスで、早期乳がん発見につなげる。同社はすでに複数のチャネルを通じてEVAをテストするプロセスを開始。2019年始めの販売開始を予定している。ITmedia NEWSによると、同社は日本への進出も視野に入れており、日本の開発者とも連携しているとのこと。日本発売にぜひ期待したい。⇒【詳細】IoTブラジャーEVA(Higia Technologies)

【編集部おすすめ記事】
夜勤女性 がん罹患リスク増加 中研究
がん検診受診状況 男女ともに上昇傾向 検診受診率が特に高いのは?
美談ばかりではない乳がんのリアル 男の浮気・離婚・治療費・太る
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事