女性クラスター
女性市場トレンドと消費傾向

「美容も今年のうちに」 年末の提案にいかが?

掃除や仕事、家事、悩み事など。年末は何かと「今年のうちにキレイさっぱり片付けておきたい」という気持ちが高まる”けじめ”の時期。美容も健康も「今年のうちに」を謳い文句にサービス利用を促すのはいかが?

女性誌FRAU1月号p.102(講談社)は「カラダも肌も、今年の汚れ今年のうちに “美容厄落とし”しておきません?」を提案。webメディアのモデルプレスは「今年のことは今年のうちに…年末までのやりたいことリスト」として、体調を万全にする・美容院へ行く・下着の整理を提案。エステサロン(メゾンドボーテ 福岡県)は「今年の疲れは今年のうちに。」と予約サイト内で年内の疲労回復を提案している。

12月はクリスマス商戦・年末商戦で値引きセールが各社で行われ、消費者の間で一層ディスカウント思考が強まるが、「今年のうちに〇〇」という上記のようなヘルスケアの提案なら、値引きせずとも女性の集客に貢献してくれそうだ。

 

【編集部おすすめ記事】
DIY健康診断 ヘルスケアの新提案キーワードに
女性の疲れ度合い 増すのは何曜日?消費者への提案は曜日を考慮したい
家事シェア夫婦、本格拡大の見込み 女性の関心高い4社の提案事例
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

女性生活者の調査レポート