【女性マーケテイング学】F1層とF2層の違い

女性の生き方(ライフコース)が多様化する中、かつてマーケティングで頻繁に登場していたキーワード「F1層」「F2層」は「古い。マーケティングでは使えない。」とも言われるが、女性全体を大枠で理解するには今でも役立つ。

F1層の消費動向

流行サイクルが加速度的に変化し、さらに価値観が多様化している今のF1層。F1層の流行をつかむのは難しい印象があるが、ライフコース視点で分類して考えるとわかりやすい。現代のF1層の特徴と流行をつかむコツとは?

F2層の消費動向

生き方・働き方・価値観が最も多様化していくのがF2層。そんな多様なF2層の消費動向を捉えるには、ライフコース視点を持つのが重要。現代のF2層への理解を深めつつ、消費動向や好むメディアについて解説。

 

 

新着ニュース