女性クラスター
女性市場トレンドと消費傾向

F1層とF2層の違い

女性の生き方(ライフコース)が多様化する中、かつてマーケティングで頻繁に登場していたキーワード「F1層」「F2層」は「今の時代は使えない。古い概念だ」とも言われがちだが、女性全体を大枠で理解するには今でも役立つ。

F1層の消費動向

トレンドサイクルが加速度的に変化し、さらに価値観が多様化している今のF1層。F1層の流行をつかむのは難しい印象があるが、ライフコース視点で分類して考えるとわかりやすい。現代のF1層の特徴、トレンド、消費行動については以下で解説。

F2層の消費動向

生き方・働き方・価値観が最も多様化していくのがF2層。現代のF2層の理解を深めつつ、消費動向や好むメディアについて解説。

女性全体のクラスターを理解する

女性マーケティング専門の当社ウーマンズでは、20~70代中間層女性を20分類、富裕層女性を8分類しています。各タイプごとに消費行動、価値観、生活行動などが全く異なりますので、女性全体をクラスターごとに違いを理解したい方はレポート「20~70代の中間層女性・富裕層女性のクラスター 」もご参考ください。

30代女性

 

新着ニュース