3月は「自殺対策強化月間」、ネット活用で周知

3月は自殺対策強化月間。1年の中で自殺者が多いのは3〜5月で、平成30年版自殺対策白書(厚生労働省)によると、平成29年の月別の自殺者数は男女ともに5月が最も多く、男性は1,387人、女性は637人だった。自殺者数は平成10年以降、14年連続で3万人を超えていたが、平成24年以降は3万人を下回り減少傾向にある。平成29年は2万1,321人だった。

自殺対策強化月間の1カ月間は、地方自治体・民間団体による電話相談や、YouTube動画やSNSなどインターネットを活用した啓発が実施される。JR東日本など協賛団体の各取組みや政府の取組み内容は「平成30年度自殺対策強化月間の主な取組みについて」に掲載。

 

【編集部おすすめ記事】
自殺率が最も高い職業は? 米調査
国際比較で見えてくる、自殺死亡率が高い日本の若者
自殺原因トップは「健康問題」、ヘルスケア各企業が把握すべき事実
女性のヘルスケアワーカーの多くが「貧困レベル」、米研究