肩こり・腰痛解消の新切り札として注目「ハイドロリリース」

肩こり、腰痛、首の痛み解消の新たな切り札として広がっている治療法が「ハイドロリリース」。生理食塩水を注射するだけですぐに痛みがとれる。特徴は ” 即効性 ” 。効果は一過性ではあるものの、効果持続期間は注射してから数日~数カ月。少しでも効果を持続させるためには、患部の筋肉をほぐすなどのセルフケアが必要。

ハイドロリリースとは、超音波ガイド下で穿刺を行い、線維性結合組織(筋膜、靭帯、支帯、腱膜、関節包など)に生理食塩水、低濃度の麻酔剤、ヒアルロン酸などの液体を注入して癒着を剥離し、局所の可動性が悪くなった末梢神経に滑走性をつくることで痛みや痺れを軽減する治療法です。エコー検査に引き続き即時治療ができ、とても細い針を使うので注射の痛みは強くなく、生理食塩水を使用した場合、薬の副作用の可能性がないことが利点です。引用:こなり整形外科・内科クリニック

整形外科やペインクリニックで治療を受けることができる。生活者の間ではまだハイドロリリースの認知度は低いが、広く知られれば需要は大きいはず。

 

【編集部おすすめ記事】
女性の疲労回復サプリメント ニーズ・利用実態・商品事例
女性たちのセルフメンテナンス 心と身体編 みんな何してる?
EMSとは異なる感覚 自律神経ケアに「エナジーテラピー」 
男女で異なる有訴者率と上位5症状から考える「女性特有の不調」 
今、女性の興味・関心が高いヘルスケア行動は? 
女性ヘルスケアビジネスにおけるマーケティングの基本

新着ニュース