EMSとは異なる感覚 自律神経ケアに「エナジーテラピー」

近年のEMSトレンドで今後注目されそうなのがエナジーテラピー。セラピストの体と手を通して微弱電流を体に流すセラピーメニューで、自律神経ケア、リラックス、体温上昇、血流量増加、ボディメイク、代謝アップ効果などが期待できるという。

自律神経機能向上に着目した癒しのエナジーテラピーは特殊な機器から流れる微弱電流を、セラピストを介してお客様に届ける技術。(引用:エナジーセラピージャパン)

仕組みはこうだ。セラピストは、セグイートシステムという機器から流れてくる微弱電流を帯びたプレートの上に素足で立つ。その電流がセラピストの体を通じて客の体に伝わる。画期的なのは、電流が流れているセラピスト自身も体の不調が改善する点。セラピー後は自身の体が温まったり、腰や肩のハリが緩和されるという。体力勝負のセラピストにとって、セラピーをしながら自分自身のヘルスケアができるのは嬉しい。

実際にエナジーテラピーをしている動画を見てみよう。1:44秒~をチェック。セラピストが客の肩を手でなぞると、電流により肩が上下する。

柔らかな人の手を介して電流が流れるため、EMSとはまた異なる感覚を体験できる。

施術する人の手からビリビリーっと電気が伝わる感じ!かなり激しくてビビった!全身ナデナデされて、顔もリフトアップ!なにこれ〜すごいぞ。走る走る電流がwwwwww 足が冷え冷えだったのに終わった後は汗びっしょり。す、すごい!リラクゼーションよりも本気のヘルスケアな感じでした。肩こりも楽になった!(引用:アメーバブログ「エナジーの手」)

まだ女性の間での認知度は低いが、エステ、整体院、接骨院、スポーツジムなどで導入が進んでいる。一般社団法人日本エナジーテラピー協会は介護施設や老人ホームなどで施設訪問活動も行っている。


【編集部おすすめ記事】

睡眠はヘルスケアタイム 症状特化型の枕が人気
女性のストレスを理解する まとめ記事10選
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

新着ニュース