ストロビングテクで立体感

ストロビングテクとは、ストロボライトを当てたような発光感・ツヤ感・パール感を作り出すメイクのテクニックのこと。発光感により、肌のアラを目立たなくしながら立体感や小顔効果を狙えるとあって今注目されている。

従来は立体感を出すためにはシェーディングが一般的だったが、ストロビングテクでは、ハイライトのみの使用で立体感を出す。米国では2015年頃からすでに話題になっており、国内では2016年頃から注目度が高まっている。ストロビングクリーム(メイビリンニューヨーク)、ストロボクリーム(M.A.C)など「ストロビング」を使ったネーミングの商品も登場。

【編集部おすすめ記事】
大人気!米国セレブのプロデュースコスメ続々登場 発売後即完売商品も
世界7都市で異なる女性像とメイク意識
【最新】メイクユーチューバー人気ランキング2018
ミラーアプリ「なりたい顔を重ねてなぞる」 写真を透かしてメイク
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事