人気女性ユーチューバー、カテゴリー別にチェック 2019年版

ユーチューバー(Youtuber)として自分自身を表現・発信する個人は、特に2014年頃から急速に増えている。一職業として世の中に認知され、企業のプロモーションに起用されるユーチューバーを見るのも珍しくなくなった。美容、健康、子育てなど女性ならではのカテゴリーで活躍している女性ユーチューバーをカテゴリー別に紹介。

ユーチューバーの活動を理解する基礎知識

ユーチューバーはYouTubeクリエイター

ユーチューバーとは、オリジナルの制作動画をユーチューブ(Youtube)上に継続的に公開する人たちのこと。自身のプロモーション活動や、制作した動画の再生回数で得られる広告収入を目的にしている。フォロワーの多い人気ユーチューバーはインフルエンサーとして企業から引き受ける仕事も収入としている。今やユーチューバーは一職業として知られるまでになり、日本FP協会が行った調査「小学生が将来なりたい職業ランキング(2018年4月発表)」に「ユーチューバー」が6位にランキング入りしたニュースは、まさにそれを象徴する出来事として話題を集めた。

ユーチューバーは専門領域で勝負

グーグルアカウントを使って自身のユーチューブチャンネルを作成すれば、誰でもユーチューバーとしてデビューできる。多くのユーチューバーは、自身が得意とするカテゴリーでコンテンツを制作・投稿する。男性ユーチューバーに人気のカテゴリーは、「ゲーム実況」「やってみた」「商品レビュー」「鉄道」「ガジェット」など。女性ユーチューバーは、「VTuber」「商品レビュー」「ファッション」「メイク」「コスメ」「美容」「ダイエット」「健康」など。ユーチューバーの登録カテゴリーを確認するのは「yutura」が参考になる。

ユーチューバーを支援する「YouTube Space」

ユーチューブはユーチューバーに向け、学び・交流・創作の場「YouTuberスペース」を提供しており、国内では東京・六本木にある。動画制作に関するワークショップや交流イベントを開催している他、ユーチューバーは最先端の防音スタジオ、編集設備、機材などを無料で使える。

ユーチューバーと企業をつなぐプロダクション(MCN)

芸能人が芸能プロダクションに所属するのと同様に、人気ユーチューバーもプロダクションに所属していることが多い。「プロダクション」「事務所」「マルチチャンネルネットワーク(MCN)」と呼ばれ、視聴者の開拓、コンテンツのプログラミング、コラボレーション、デジタル著作権管理、収益化、営業など、ユーチューバーの一連の活動のマネジメントを行っている。企業向けにはユーチューバーを活用した各種プロモーションサービスを提供している。サービス内容は、商品レビュー、イベント参加、CM出演などさまざま。国内を代表するMCNは以下。

UUUM(ウーム)

日本を代表する大手ユーチューバープロダクションUUUM。企業CMに出演するなどすでに一般に広く知られている人気ユーチューバー「HIKAKIN」さん、メイクや美容のカテゴリーで大人気の「佐々木あさひ」さん、「くまみき」さんなどが所属している。キッズユーチューバーも多数。UUUMは、一般向けに各ユーチューバーがオリジナルグッズを販売するオンラインストア「MUUU」も運営。オリジナルのイラストが入ったTシャツ、トートバッグ、スマホケース、マグカップ、CDなどを購入できる。

企業向けには、ユーチューバーを軸にした商品・サービスのプロモーション、動画広告などを活用したメディアプラニング、動画マーケティングのコンサルティング・制作を行う。

VAZ(バズ)

10代向けファッション誌ポップティーンの専属モデル「ねお」さん、人気美容ユーチューバー「まあたそ」さんなど、若年層に影響力があるユーチューバーやツイッターで人気の有名人90名以上が所属するVAZ。昨年11月には同社初の試みとなるお菓子の制作に乗り出し、ユーチューバーのシールがついたオリジナルチョコ「バズチョコ」を全国のローソンで販売。企業向けには、若年層向けのインフルエンサーマーケティングのサービスを提供。

ユーチューバーのお菓子

出典:バズ

OmO

吉本興業が立ち上げたMCN「OmO」。お笑い芸人キングコング梶原さん(ユーチューバー名:カジサック)を始め、お笑い芸人が多数所属。企業向けには、商品レビュー、店舗訪問、イベント参加、キャンペーン運動などのプロモーションサービスを提供。以下は、明治プロビオヨーグルトPA-3のプロモーション。

日本の人気女性ユーチューバーをチェック

ここからは、女性が多いカテゴリーで活躍中の女性ユーチューバーをカテゴリー別に紹介(2019年3月,yuturaを参考に編集部でランキング)。顔立ちの良さだけでなく、「見た目の印象と性格のギャップが大きい」「企画力がある(視点がおもしろい)」「動画全体の世界観が良い」など特徴が際立っているコンテンツは、多くの視聴者に支持されている。

人気女性ユーチューバー「メイク」編

1位:SekineRisa

2位:くまみき

3位:sasakiasahi

人気女性ユーチューバー「コスメ」編

1位:さぁや

2位:ねこてん

3位:きぬちゃんねる

人気女性ユーチューバー「美容」編

1位:あやぽちゃんねる

2位:HIIT ME FIT

3位:覆面美容オタク】戯ちゃん。

人気女性ユーチューバー「整形」編

1位:整形アイドル轟ちゃん

人気女性ユーチューバー「健康」編

1位:B-life

2位:美コア / Yamaguchi Erika

3位:ツボゲッチューりらく屋(sekotans)

人気女性ユーチューバー「ファッション」編

1位:SekineRisa

2位:さぁや

3位:くまみき

人気女性ユーチューバー「スポーツ」編

1位:MIKI TAKEHARA

2位:みほちゃんねる

人気女性ユーチューバー「子育て」編

1位:しゅがチャンネル

2位:COCO CHANNEL

3位: Beans Family

人気女性ユーチューバー「DIY」編

1位:hiro hiro

2位:chibi akaponちびあかぽん

3位:madebyaya

人気女性ユーチューバー「VTuber」編

1位:A.I.Channel

2位:ゲーム部プロジェクト

3位:Kaguya Luna official

人気女性ユーチューバー「商品レビュー」編

1位:Kan & Aki’s CHANNELかんあきチャンネル

2位:プリンセス姫スイートTV Princess Hime Suite TV

3位:HIMAWARIちゃんねる

個人が活動・活躍する時代へ

個人が自由に自分を表現・発信するのが当たり前になり、さらに、年齢・学歴関係なく収入を得る手段が増えた今、ユーチューバーの社会的地位は年々向上している。自分の得意分野を生かし女性ならではのカテゴリーで活躍する女性ユーチューバーも続々登場。ユーチューバーになりたい個人、好きなユーチューバーを追いかける個人、ユーチューバーをプロモーションに活用したい企業は今後さらに増えていくだろう。ユーチューブのショートバージョンとも言える、ショート動画の大人気アプリ「ティックトック」のクリエイター「ティックトッカー」も今後要注目。

 

【編集部おすすめ記事】
動画プロモーショントレンド、次は「Vチューバー」
動画マーケティングの成功ヒント 女性の視聴行動を年代別に捉える
「バズる」施策とは?女性マーケティングでバズらせるコツ
ミレニアル世代の85%の購買決定に影響を与えているもの
驚きのCM「何あれ!?」 美肌用シャワーヘッド

新着ニュース