賢くなる消費者 メルカリ上場記念セール流行中

フリマアプリ国内最大手のメルカリ(東京・港)が6月19日、東京証券取引所マザーズ市場に上場した。これに合わせ、メルカリ内では出品者らが「メルカリ上場記念セール」を行う動きが出ている。「メルカリさん、上場おめでとうございます」「メルカリ上場記念を祝ってセールいたします」「メルカリ上場記念値引き」といった出品が複数見られる。メルカリ内では「ワールドカップ日本代表勝利セール」「雨の日セール」など、出品者らが行う自主的なセールが流行っている。

かつては企業の大事な顧客だった消費者たちは、C to Cプラットフォームの登場により、今や企業のライバルでもある。消費者たちは企業顔負けの「売る賢さ」を身に着け始めている。

【編集部おすすめ記事】
「これがあって便利、助かった」と主婦が思う商品・サービスは?大賞発表 サンケイリビング
広がる「シェアリングエコノミー」 相性が良い世代は?
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

女性生活者の調査レポート