「インターネットで最も影響力のある25人」に日本人女性選出

米誌タイムが「インターネットで最も影響力のある25人」を発表した。米トランプ大統領や歌手のリアーナさんと肩を並べて選出されたのは、タレントの渡辺直美さん。

渡辺直美さんは、今やフォロワー数800万人を抱える人気のインスタグラマー。デザイナーとしてプロデュースした、6Lまでサイズ豊富に展開するファションブランド「PUNYUS」も話題を集めている。タイムは彼女を「日本のソーシャルメディアで最も人気のスター」「コメディアンでもありファッションデザイナーでもある立場をうまく使って、長年にわたり持たれてきた日本女性のステレオタイプに挑んでいる」と紹介している。

日本の若い女性を中心に彼女が絶大なる支持を得ているのは、彼女のメイクやファッションセンス、彼女が醸し出す独特の鮮やかな世界観や明るいキャラクターはもちろん、”自分” という素材を生かして自分らしく生きるといった自信や勇気を与えている点にある。世界的に見ると十分に痩せているにもかかわらず、自己肯定感が低く「もっと痩せなくては…」と考えがちな日本人女性にとって、渡辺直美さんは「自分らしく生きる」アイコンだ。

【編集部おすすめ記事】

SNS映えに疲弊する20代 彼女たちが憧れるのはどんな女性?
購買行動を最も促さないのはどのSNS?「友人」「有名人」「企業の公式アカウント」
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ