企業の健康経営は社員に届いてない?まず取り組むべきは…

第一生命経済研究所は、企業の健康への取り組みについて従業員対象に意識調査を行った(従業員数300人以上の企業の20~59歳男女1000人)

健康経営に取り組む企業が増えている中、いつも焦点を当てられるのは企業の取り組みばかりで、実際その恩恵を受けるべき従業員は自社の取り組みについてどう思っているのか?を把握することが目的。今後の企業の健康への取り組みについて課題を検討することが狙い。

調査結果では半数近くの人が「健康づくりに関する従業員むけ研修などが実施されたかどうかわからない」と答えており、企業から従業員への十分な情報発信やコミュニケーションが不足している様子が浮き彫りとなった。⇒詳細「健康づくりへの企業の取り組みに対する従業員の意識」(第一生命保険株式会社)

関連記事
選定企業24社 健康経営銘柄2017発表
■【経産省】健康経営優良法人(ホワイト500)制度をスタート
健康経営支援サービス続々登場、「カラダかわるNavi」
■健康経営銘柄に選定された企業に学ぶ、健康経営ハウツー
■健康経営銘柄2016発表!選定企業25社は?

一緒に読まれている記事