タニタ、立ち上がるだけで運動機能測定できる装置を介護施設に導入

椅子から立ち上がるだけで脚の筋力とバランスを計測できる「zaRitz(ザリッツ)BM-220」を2016年6月に発売した。筑波大学と研究・開発。サルコペニアやロコモに起因する骨折・転倒の予防、早期発見に活用できる。椅子に座った状態で本体に足を乗せ、踏ん張って立ち上がるだけで計測が完了する。本体価格は¥500,000(税別)。高齢者福祉施設や運動教室、介護施設を中心に導入を進めている。

関連記事
■「健康寿命」とセット、注目新キーワードとは?
■【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ
■【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ

一緒に読まれている記事